2020年9月27日 (日)

小さい音

 先日のお稽古で、小さい音についての話がありました。小さい音といっても、いろんな音があるというのです。例えば、静かな音、さみしい音、かすかな音、沈んだ音、悲しい音、などいろんなイメージがあります。小さな音のイメージを、言葉でできる限り書き出してみるように言われました。それぞれの言葉のイメージの音が出せるように、練習してみようと思います。
 他に、高い音はもっと「脱力」「解放」を意識すること、音の「共振レベル」をもっと上げること、舞台での演奏を意識して、「構え」をチェックしておくこと、などを指摘されました。今後の練習で気をつけていきたいです。
 全く別の話で、尺八を初めて吹く時に、音の出るポイントを早く見つける方法について教えてもらいました。将来、初心者を指導することになれば、是非とも取り入れたいです。

2020年9月13日 (日)

共振点での脱力

 先日のお稽古で、よく鳴っている状態、共振状態の時に無意識に力が入ってしまうので、脱力を意識するように言われました。微妙な響きの違いなのですが、気をつけたいです。特に指摘された音は、イ、リです。他には、長さのバランスの悪い所があることと、ロやウのメリ音の音程が高い所があるので、気をつけるように言われました。曲については、音がよく鳴るようになり、バランスも悪い所は少なくなったと言われました。さらに完成度を上げるように練習していきたいです。
 お稽古が終わってから、先生が地なし管尺八に詳しい方に会うので、地なし管尺八の話になりました。地なし管尺八は、一度吹いたことがあって興味があるのですが、入手方法がかわかりません。そこで、入手方法について、聞いて下さいとお願いしました。価格はそんなに高くないようなので、できたら購入して練習してみたいです。

2020年8月23日 (日)

長さのバランス

 先日のお稽古で言われたことは、長さのバランスに気をつける、ということです。フレーズの中で、短くなってしまうパターンがある、と指摘を受けました。もう一つ指摘されたことは、乙のレ、チの音がやや下がり気味という点です。以上の2点、気をつけていきたいです。
 曲の中で、よく響く音が増えてきて、曲全体の印象も良くなったと言われました。最近よく言われていることですが、音を出す時にできる限り「脱力」して「解放」された状態で演奏することを徹底させたいです。そのために、当たり前のことですが、できる限り毎日の練習を継続してやっていこうと思います。
 コロナの影響で、秋の演奏会はフェイスガードをつけての演奏になります。まだ、一度もやっていないので早めにやって、慣れておきたいです。

2020年8月11日 (火)

全ての音を解放

 先日のお稽古で指摘されたことは、全ての音を解放された状態で演奏する、ということです。どの音も力ずくはなく、共振状態でパワーの感じられる音をすっと出して演奏するのです。曲の中に、解放された音がたとえ1%でも増えると、印象がぐっと変わるのです。そこで、当面の課題として、乙のレの音を練習するように言われました。曲の中で、すっと演奏できるように練習していきたいです。乙のレ以外に、ルやウのメリも注意するように言われました。
 もう一つ指摘されたことは、曲の中での長さのバランスです。フレーズの最後がどうしても短くなることが多いので、しっかり最後までのばすように言われました。今後の練習で、気をつけていきたいです。

2020年7月19日 (日)

バランスを意識

 先日のお稽古で言われたことは、バランスを取ることをもっと意識することです。フレーズごとにそれぞれ音のバランスがあります。例えば犬を絵を描く時、犬には犬のバランスあって、何度も描いているとだんだん実物の犬に近づいていくという話がありました。フレーズも同じなのです。バランスが取れたら、バランスが取れたフレーズをつなげばいいのです。そして、1つ1つのフレーズをきちんとやれば、自然にすばらしい音楽になるのです。すばらしい音楽を演奏しようと思わなくてもいいのです。
 技術的なことで言われたことは、一つ一つの音の共振点のレベルアップです。甲のレはよく響いていると言われました。一つ一つの音について、無理に鳴らそうとしないで共振状態を上げる練習していきたいです。そして、共振点のレベルアップができれば、次の目標は温度をあげる、つまりパアーアップです。

«楽な状態で

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のコメント

  • P1010712