2018年10月23日 (火)

構えが曲を作る

 先日のお稽古言われたことは、楽器の構えで曲が決まるということです。曲もイメージにふさわしい構えがあるのです。構えについてよく言われることは、無駄な動きが多いということです。演奏しているときに、楽器の構えまで気がまわらないのが現状です。演奏に夢中になって、知らぬ間に楽器が動いてしまいます。
 舞台での演奏を考えたとき、姿勢も含め楽器の構えは重要ポイントです。日頃の練習でも、楽器の構えをもっと意識していきたいです。

2018年10月22日 (月)

音程は自然に決まる

 先日のお稽古で、音程を自分で無理にとってはいけない、と言われました。ある音程にしようと必死でとった音程は、聞いていて不自然だというのです。曲の流れの中で、勝手に正しい音程にすっとはまる、あくせくしなくても自然に正しい音程になる、そんなイメージがいいのです。
 そのためには、曲の流れに身を任せること、曲のイメージを持つこと、尺八の歌口と唇の関係を自由にしておくこと、響く音を出すバランスを無意識に調整すること、緊張しないでリラックスすること、などが必要です。
 音程に関しては、とにかく音をよく聞いて、正しい音程にしようと頑張ってきましたが、こんな考えでうまくいくとは驚きです。

 

2018年10月21日 (日)

ブレスも音楽

 先日のお稽古は、音もよく響き、息も長く続き、曲の流れもまずまずでした。ただ、ブレスがせわしくて曲の流れを悪くしている、と言われました。先生と一緒に演奏したときに注意深く聞いてみると、確かにその通りでした。ブレスも含めて曲の流れを作っているので、今後気をつけたいです。
 もう一つ指摘されたことは「おとしのリズム」を気をつけて演奏することです。おとしのリズムという言葉は知らなかったですが、意味はすぐに分かりました。曲の中に何度も出てくるのですが、不自然にならないように気をつけたいです。

2018年10月 8日 (月)

自由に

 先日のお稽古で、尺八の構えをもっと「自由に」するように言われました。尺八を自由に構えると、音程が正しい所にすっと決まるというのです。また、自由に構えていたら、音を出して響かない場合、響く場所にすっと動かすことが可能です。
 もう一つ指摘されたことは、次の音を出す「準備」をしてから音を出す、ということです。いきなり音を出すのではなく、特に唇と歌口の位置関係をきちんとイメージしておくのです。このことにより、音を最初からすっと響かすことができるのです。
 さらに、余裕を持って「楽々と」音を出しているような演奏を心がけるように言われました。必死で演奏していても、その必死さが音に出てはダメなのです。今後、気をつけたいです。

2018年9月24日 (月)

イメージを

 先日のお稽古で、曲のイメージの話がありました。テンションを上げるために、例えば100kgのバーベルを持ち上げる気持ちで演奏すると、曲にパワーが伝わるというのです。全く力はいらないのですが、イメージするだけでテンションがアップするというのです。
 演奏中にイメージするには、演奏中に余裕がないとできません。音を響かせる、指を動かすなど技術的なことは、体が勝手に反応するまで練習しておく必要があります。少しでも曲の流れをイメージして演奏できるようになりたいです。

«錦秋の会 2018

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

  • P1010712