2017年4月18日 (火)

ロスを減らす

  先日のお稽古で、3つのことを言われました。1つめは、できるかぎり息を音に変え、ロスを減らすことを考え吹く、2つめは、デクレッシェンドを最後まできれいに吹く、3つめは、口元を常に振動させておく、以上の3つです。

  1つめのことを少し意識して演奏したところ、今まで以上に楽に大きな音を出せるようになった気がします。2つめは、どうしても最後になってくると圧力が低下して、低い音がでてしまいます。出来る限りそうならないように練習していきたいです。3つめは、長い音に限らず、短い音についても気をつけていきたいです。

2017年4月 6日 (木)

ふわふわした感じ

 先日のお稽古で教えていただいたことは、ふわふわした感じで演奏する、ということです。ふわふわした感じというのは、尺八の歌口と唇の関係です。唇が歌口に軽く触れて、離れず押しつけずの位置を保つのです。
 先生から何度も指摘され続けて、ようやく唇を歌口に押しつけた時と軽く触れた時では、音が全く違うことが実感できるようになりました。つかず離れずの位置関係を保って演奏すると、今までよりずっと楽に、自由な音の響きの演奏できます。今まで、鳴らない位置で、無理に鳴らそうとしていたこを痛感しました。

 

2017年3月20日 (月)

自由な鼻歌

 先日のお稽古で、曲想をもっと自由な雰囲気で歌ってください、と言われました。何も考えず自由に鼻歌を歌えばよいのです。しかし、これがなかなかうまく歌えません。お稽古中にあるフレーズを何度か歌ったのですが、ダメだしの連続でした。そして、自分で考えて歌うと、かえって自由でなくなるのです。
 自然な心地よさを、自由に鼻歌で歌って、それを一つ一つ音に置き換えていくように言われました。別の言い方をすると、鼻歌というアナログを、尺八のデジタルな音に変換するのです。まず、自由な鼻歌を練習するように言われました。そして、次に変換するにはテクニッックが必要なので、これは別途練習するのです。
 当面、鼻歌を声に出して何度か歌ってから、尺八で演奏してみる、という練習をしていこうと思います。

2017年3月 8日 (水)

ふわふわした音

 先日のお稽古で、ふわふわした音をもっと意識して吹くように言われました。このふわふわした音というのは、音の周りにふわふわした綿のようなものがついている、そんなイメージの音です。先生に言われて、だいたいこんな感じの音かな、という所までは理解できました。ただ、この音がふわふわした音だ、という自信は今のところありません。
 ふわふわした音を出すコツはいくつかあります。1つめは、歌口の動きを止めないことです。2つめは、力をできるかぎり入れないことです。3つめは、あれこれ考えて小細工して演奏しないことです。これらのことに注意して演奏すると、ふわふわした自由な解放された音を出すことができるのです。
 先生からふわふわした音の助言を受けて演奏したところ、とても楽にしかもよく響く音色で演奏することができました。頭では理解できたものの、からだが戸惑っているので、練習していきたいです。

2017年2月 7日 (火)

音が出る環境を

  先日のお稽古で言われたことは、無理に鳴らそうとしてはいけない、ということです。では、どうするのかというと、音が鳴る環境を、注意深く整えることに専念するのです。そうすることによって、これまで力まかせに無理矢理出していた音が、自然に鳴ってくれるのです。力まかせの音と、自然な音は、全く別物です。
 実際に、曲の中で自然な音を聞いてみると、力まかせの音と全く印象が違います。今まで、自分は力まかせの音が多かったなあ、と痛感しました。力まかせにならないために必要なことは、音が鳴るための環境整備とは、たとえば、息のコントロール、あごと歌口の位置のコントロール、指のコントロールなどです。別々に意識して、練習していきたいです。

«鳴らそうとしない