« 音にこだわらない | トップページ | 「スウィング・ガールズ」 »

2006年8月 5日 (土)

くちびるの筋トレ

 尺八は、最初音がなかなか出てくれません。私も、最初に尺八を吹いて音がでるまで、かなり時間がかかりました。でも、あせらず一番出しやすい音(琴古譜なら「リ」、都山譜なら「ハ」)を繰り返し吹いていたら、そのうち出てきます。ただし、唇と楽器の位置関係や息を吹き込む角度は、常にチェックしてより音が出やすい位置を探すことは必要です。
 音が出てきたら、さらに美しく、安定した音を出すために、「くちびるの筋トレ」をするとよいと教えてもらいました。方法は、唇の筋肉を尺八を吹く口の形にして数秒力を加える、力を抜くの繰り返しです。この練習は、楽器がなくてもいつでもどこでもできるのがよいところです。

« 音にこだわらない | トップページ | 「スウィング・ガールズ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/11282622

この記事へのトラックバック一覧です: くちびるの筋トレ:

« 音にこだわらない | トップページ | 「スウィング・ガールズ」 »