« 精神的な充実を | トップページ | 門下生忘年会 »

2006年11月19日 (日)

結果より原因

 昨日のお稽古で、結果より原因をしっかり意識するように言われました。結果とは出た音、原因とは音を出した自分の状態です。どうしても出た音にばかり意識がいきますが、音を出したときの条件(歌口と顎のあたり、唇の圧力、指の押さえ、おなかの圧力など)をチェックすることが大切だということです。つまり、音が出にくい場合、無理に音を出そうとしないで、音が出る条件作りに意識を集中するということです。
 もう1つ言われたことは、気合いは入れるが、力は入れないということです。当日の演奏は、最初はよく音が出ていたのですが、途中から音が出にくくなってきたのです。力まず、気力あふれる状態で最後まで演奏できるようになりたいです。

« 精神的な充実を | トップページ | 門下生忘年会 »

コメント

おはようございます

本日は、私「残月」単管研究会の日です。

田島先生の下記の言葉を大事に吹きたいと想います。

(気合いは入れるが、力は入れないということです。)

私の師匠は、音は後からついてくるものだからあまり気にしないようにと、奥伝前の人にはよく言います。
田島先生のおっしゃるように、原因になる要素を指導されます。

良い指導者は、目的意識が一致していますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/12750874

この記事へのトラックバック一覧です: 結果より原因:

« 精神的な充実を | トップページ | 門下生忘年会 »