« なめらかに | トップページ | 楽器の構え »

2007年3月23日 (金)

音にとらわれない

 先日のお稽古で、尺八の音を響かすにはどうすればよいか、という話になりました。いつも、言われていることは「尺八から出てくる音にとらわれない」ということです。極端に言えば「音が出なくてもよい」ということです。音は出なくても「音を出す条件を整える」ことに意識を集中することが大切なのです。音を出す条件とは、気力、体力、精神力など、自分の内面にあるエネルギーを高めることです。
 技術面では、全音のロやレを吹くときに前もって準備をしておく必要がある、と指摘されました。つまり、楽譜を少し先まで見ておき、全音のロやレの音になったときに、すぐにその音を出す状態にしないと、全音が十分響かないということです。

« なめらかに | トップページ | 楽器の構え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/14365045

この記事へのトラックバック一覧です: 音にとらわれない:

« なめらかに | トップページ | 楽器の構え »