« 音にとらわれない | トップページ | 全国門下生交流会 »

2007年4月 1日 (日)

楽器の構え

 今日のお稽古で指摘された点の1つめは、楽器の構えです。演奏しているとどうしても、楽器が下がってきます。お稽古で、楽譜が読める楽器の位置を決め、曲の最後まで楽器が下がらないようにして吹いてみました。腕が、とてもしんどかったです。
 2つめは、尺八の音を響かすためには、意識を自分の内部に集中させることです。これまで何度も言われているのですが難しいです。でも、音を出すことに意識をしないで、音をだす条件づくりに意識を持つということは心がけて練習しています。
 3つめは、フレーズの問題です。これもずっと言われているのですが、特に自信のないフレーズは、そこ徹底的に短時間に繰り返し練習するように言われました。一曲を漫然と吹くよりも練習効果があり、是非とも実行したいです。

« 音にとらわれない | トップページ | 全国門下生交流会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/14488564

この記事へのトラックバック一覧です: 楽器の構え:

« 音にとらわれない | トップページ | 全国門下生交流会 »