« 2007年門下生発表会 | トップページ | 一つの音へのこだわり »

2007年9月22日 (土)

まず、楽譜に忠実に

 門下生発表会が終わり「息観」の練習を始めました。以前、一度したことがあるのですが、曲のイメージが全く残っていません。とりあえず、楽譜に忠実に演奏しようとしたのですが、今日のお稽古ではそれもダメでした。
 音を出すための3つの条件は何か?と言われ、考えてしまいました。当たり前のことですが、「指使い」「甲乙」「メリカリ」の3つです。その中の「メリカリ」の5段階をもっと意識するように言われました。早速、楽譜に1から5の数字を書き込んで練習しました。数字がなくても当然できなくてはいけないのですが‥。まず、楽譜に忠実に演奏でき、次の段階へ進みたいものです。

« 2007年門下生発表会 | トップページ | 一つの音へのこだわり »

コメント

>>音を出すための3つの条件は何か?

私なら、正対姿勢、吐く息、運指と当りと答えたいとおもいます。

あくまでも、私が習っている琴古尺八の場合です。
それが出来た後、甲乙、メリカリに・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/16536630

この記事へのトラックバック一覧です: まず、楽譜に忠実に:

« 2007年門下生発表会 | トップページ | 一つの音へのこだわり »