« 門下生新年会 | トップページ | 正師範として »

2008年2月13日 (水)

フォロー体制

 これまで、ずっと正しい音程を強く意識するように言われ続けていましたが、今回は、さらにすぐに微調整できるようなフォロー体制が必要である、という指摘を受けました。
 自分では、8割以上は程度正しい音程で演奏できていると思っています。ただ、同じ音程でも曲の中では全く同じ音色でなく、状況に応じて使い分けているかと言われたら自信はありません。つまり、もっと曲の流れの中で、その場に応じた音色を出す必要があるのです。
 ただ、その音色を出すときに、すっとその音が出るとは限りません。そんな場合にいつでも音の微調節を無意識にフォローしていくことが必要ということです。
 さらなるレベルアップをめざしていきたいです。

« 門下生新年会 | トップページ | 正師範として »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/40114056

この記事へのトラックバック一覧です: フォロー体制:

« 門下生新年会 | トップページ | 正師範として »