« ハンドルのように | トップページ | 気力に満ちた演奏を! »

2008年7月27日 (日)

内側にエネルギーを!

 田嶋先生がオーストラリアで開催された尺八国際フェスティバルに参加されていた関係で、久しぶりのお稽古でした。
 今日のポイントは、もっとエネルギーを内側に十分ためておき、そのエネルギーが常にフルパワーの状態で、曲に応じたイメージを作って演奏するということです。暑さで疲れていても、尺八を持ったら、そのエネルギーが出るようにスイッチをオンにできなくてはいけないのです。何度も言われていることなのですが、なかなかエネルギーを持続することは難しいです。気の持ちようだと思うのですが…。

« ハンドルのように | トップページ | 気力に満ちた演奏を! »

コメント

>>尺八を持ったら、そのエネルギーが出るようにスイッチをオンにできなくてはいけないのです

基礎稽古をつんで、地音(こんな言葉があるのか?)を確り出せなければ、エネルギ-を音として表現できませんので、私は毎日それに向かって稽古をしています。

>>気の持ちようだと思うのですが…。
私には、気の持ちようだけでは、到達は至難です。
まずは音楽的センスの無い私などのようなものは、地チカラをつけることだと思っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/41988542

この記事へのトラックバック一覧です: 内側にエネルギーを!:

« ハンドルのように | トップページ | 気力に満ちた演奏を! »