« 2008年門下生発表会 | トップページ | 雨の音をバックに本曲を »

2008年9月18日 (木)

音の最後の印象

 先日のお稽古で、音の最後の印象についての話がありました。音の最後が上向いた感じで終わると印象がよいとのことです。
 私の場合、音の最後が下向いた感じになるようです。自分なりの解釈では、腹でぐっと踏ん張って気を充実させる力がなくなることが原因と考えました。音の最後まで、しっかり気を充実させると音も上向いた感じになるように思います。
 これまで、あまり意識していなかったことなので、今後気をつけて演奏していきたいです。

« 2008年門下生発表会 | トップページ | 雨の音をバックに本曲を »

コメント

>>最後が上向いた感じで終わる

ここが師匠と違うところで、一番難しいです。
必要以上に、すり上げたり、吹き上げたりしないように気をつけています。
自然な形で、律を落とすことなくすり消す・・・
お互いがんばりましょう!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/42500891

この記事へのトラックバック一覧です: 音の最後の印象:

« 2008年門下生発表会 | トップページ | 雨の音をバックに本曲を »