« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月29日 (土)

目を閉じて

 先日のお稽古で「1フレーズだけ、目を閉じて吹いてみて下さい」と言われました。目を閉じて吹くと、楽譜にとらわれず曲のイメージに意識を集中することができるというのです。実際にやってみると、楽譜への意識がないだけ、目を閉じた方が気持ちを曲想に集中することができました。
 音符はあくまでメモにすぎず、曲のすべてを表しているのではないので、それにとらわれる必要はないのです。でも、楽譜を見ていると、どうしても音符に意識がいってしまい、肝心な曲想がおろそかになってしまいがちです。今後、1フレーズずつ、楽譜を見ないで吹く練習もすることにしました。

2008年11月 3日 (月)

ゆっくりと確実に

 お稽古のとき、間違ったときによく注意されるのが、ゆっくり確実に、ということです。どうしても、あせってあれこれとあわてて吹いてしまうことが多いのです。ゆっくりしてテンポで、できない箇所を確実に演奏して、できたら少しずつテンポを上げていくという練習を心がけたいです。
 練習したことが、確実に積み重なって力量が高まらないと意味がありません。限られた練習時間を有効に生かして、レベルアップをはかりたいです。 

 
  

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »