« 音の世界観 | トップページ | 目を閉じて »

2008年11月 3日 (月)

ゆっくりと確実に

 お稽古のとき、間違ったときによく注意されるのが、ゆっくり確実に、ということです。どうしても、あせってあれこれとあわてて吹いてしまうことが多いのです。ゆっくりしてテンポで、できない箇所を確実に演奏して、できたら少しずつテンポを上げていくという練習を心がけたいです。
 練習したことが、確実に積み重なって力量が高まらないと意味がありません。限られた練習時間を有効に生かして、レベルアップをはかりたいです。 

 
  

« 音の世界観 | トップページ | 目を閉じて »

コメント

>>できない箇所を確実に演奏して、できたら少しずつテンポを上げていくという練習を心がけたいです。
 
速いテンポで稽古して、間違えてばかりいると、脳にそれがインプットされ、そこに来ると、思い出し、間違いを繰り返してしまうそうです。

ゆっくり丁寧に、確実にこなしていく・・・
私も、そうしています。
「八重衣」中チラシ、チラシの後半苦戦中です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/42998157

この記事へのトラックバック一覧です: ゆっくりと確実に:

« 音の世界観 | トップページ | 目を閉じて »