« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月18日 (日)

歯車をかみあわせる

 今日のお稽古で、歯車をかみあわせるという話を聞きました。歯車というのは、演奏するときに気をつける様々なことです。構えであったり、呼吸であったり、それらがきちっとかみあっているかをチェックして、演奏するというのです。
 演奏中は、この歯車のかみあった機械がずっと安定して動く必要があるのですが、曲想はそれとは別に意識しなくてはいけません。「心月調」では、聞いている人がしみじみと感じる、表情のある演奏を心がけたいです。
 他にも、ウの音程、ロの響き、音をゆっくり変化させる、音をしっかりのばすなどの注意を受けました。

2009年10月10日 (土)

下唇のあてかた

 今日のお稽古の最大の収穫は、音程のコントロールが、下唇のあてかたに気をつけるとうまくいくことです。今まで上唇の方ばかりに気をとられていました。今日の稽古中、少し気をつけただけで、とても手応えがありました。
 他には、何度も言われていることですが、曲の速度感に対応したブレスをすること。「ロ」の音が湿らないように、もっと気をつけること。「ヒ」のメリ音のピッチが甘いこと。などの指摘を受けました。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »