« 晴れた印象を! | トップページ | 解け合うような一体感 »

2009年12月 6日 (日)

曲の流れを心に感じて

 1つめは、「曲の流れを心に感じて」演奏することを心がけるように言われました。技術面はそれとは別に、個別に対応することになります。まず、曲の雰囲気をもっと強くイメージしておきます。そうしておいて、後は技術面を練習するのです。
 2つめは、「無駄な動きをなくす」ように言われました。これは、ほとんど自覚がないのですが、曲とは関係なしに、楽器やからだが動いているようです。鏡の前で練習すればチェックできるかなと考えています。
 3つめは、「全音を慎重に」吹くことです。曇りでなく、もっと晴れやかなイメージを強く感じて、ていねいに吹きたいです。
 他に、「タンギング」をしないこと、もっと自然な「ブレス」を心がけること、「姿勢」や足の置き場所に気をつけること、なども言われました。

« 晴れた印象を! | トップページ | 解け合うような一体感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/46954251

この記事へのトラックバック一覧です: 曲の流れを心に感じて:

« 晴れた印象を! | トップページ | 解け合うような一体感 »