« テーブルに花を | トップページ | 余韻へのこだわり »

2010年1月11日 (月)

音の色を感じて

 今年最初のお稽古で、次のような指摘を受けました。
 1つめは「ブレス」をもう少し深く。あわてている印象があるので、ゆったりとブレスすると、曲の流れのバランスもよくなるようです。
 2つめは「音の色」を感じて吹く。音程は大切ですが、音の印象をもっと大切にすること。
 3つめは音を出す前に音の「イメージ」を持っておく。もし、イメージ通りの音が出なかったら、瞬時に修正する。例えると、溝を跳び越える時、跳ぶ前に飛び越えるイメージを持って跳ぶようなもの。
 4つめは「よく鳴る音」を出すには、唇を歌口から離さない。よく鳴る音がでる息の通り道の中で、コントロールする。そして、聞いて気持ちの良い音が出るように心がける。
 5つめは「自由」に流れにのって演奏すること。丁寧な演奏は、聞いているとぎこちない印象を与えるようです。
 今年も一歩でも前進できるように、楽しんで練習していきたいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ
にほんブログ村

« テーブルに花を | トップページ | 余韻へのこだわり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/47267396

この記事へのトラックバック一覧です: 音の色を感じて:

« テーブルに花を | トップページ | 余韻へのこだわり »