« まず精神エネルギーを | トップページ | ブレスのタイミング »

2010年2月20日 (土)

まず、最初の音を

 今日のお稽古で言われたことは「まず、こんな音を出すんだという強い気持ちを持ってください」です。なんとなく音を出してから、もう少し大きな音にしていく、というのはダメと言われました。つまり、ウォームアップなしで、いきなり音を出さなくてはいけない、ということです。
 これは、舞台での発表を想定しています。本番で舞台に上がってから、音は一切出さずに、いきなり曲が始まります。最初の音がきちんと出るか、とても緊張しますが、その時のことを考えると当然のことかもしれません。しかし、日頃の練習では、あまり意識しないで練習しているのも事実です。
 まず、気持ちを集中して、音のイメージ、曲想をしっかり頭の中に思い浮かべ、体の各部の状態をチェックして、最初の音を出すことを日々の練習でやっていきたいです。

にほんブログ村 音楽ブログ 純邦楽・和楽器へ
にほんブログ村

« まず精神エネルギーを | トップページ | ブレスのタイミング »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/47616513

この記事へのトラックバック一覧です: まず、最初の音を:

« まず精神エネルギーを | トップページ | ブレスのタイミング »