« 自由な心地よさ | トップページ | 曲の印象 »

2010年6月20日 (日)

舞台心得

 正師範の公開審査会と、有志の発表会があったので参加しました。その時に、舞台の心得を教えていただきたので、まとめてみました。
1.舞台のセンターを意識して、ポジションを取ること。
2.無駄な動きをしない。
3.客目線を意識する。
4.演奏前後の楽器の置き方、左右前後のバランスに注意。
5.曲の雰囲気と体の動きを対応させる。
6.譜面台の楽譜の角度を水平に近くする。
7.姿勢は、背筋を伸ばし、お腹に風船を抱く感じで。
8.身体、楽器共に、できるだけ正面を向ける。
9.緊張しても、バランスが保てるように練習を積む。
10.舞台への歩きかたも、曲の雰囲気で変える。

« 自由な心地よさ | トップページ | 曲の印象 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/48675023

この記事へのトラックバック一覧です: 舞台心得:

« 自由な心地よさ | トップページ | 曲の印象 »