« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月19日 (月)

無駄な動き

 先日のお稽古で、3つのことを言われました。
 1つめは、演奏しているときに、「無駄な動き」があると言われました。曲にあった動きがあるので、練習でしっかりチェックしたいです。
 2つめは、「乙音でのパワー」が落ちるので、気をつけることです。低い音は、しっかり息をいれないと響いてくれないので気をつけたいです。
 3つめは、何度も言われていることですが、「響きを大切に」するということです。特に、メリでない音は、湿らず晴れたイメージを強く持って演奏したいです。

2010年7月 7日 (水)

舞台モードのスイッチを

 先日のお稽古で、舞台での演奏がうまくなるにはどうすればよいか、という話になりました。その話の中で出てきたのが、舞台モードのスイッチを入れるということです。たとえで言うと、火事場の馬鹿力のように、いざというときには、日頃からは想像できない力を発揮することがあります。そんな精神状態を意識的に作り出すというのです。
 日頃の練習は、そんな状態になっても動きがスムーズにいくように、チェックするためのもので、必死にしなくてもよいというです。構え、姿勢、音程、などひとつひとつを丁寧に繰り返し練習しておき、無我夢中な状態になっても、すっとできるように準備するのです。

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »