« エネルギーを! | トップページ | 音の色合い »

2010年8月22日 (日)

先端放電

 今日のお稽古で、「先端放電」の話を聞きました。音が鳴り響くのは、演奏者の内部エネルギーと、楽器の鳴るポイントがぴたっと一致したときだというのです。そのときに、放電現象のように、びりっと爆発して音が鳴り響くのです。例えば、バットでボールを打つときに、ボールの真芯をとらえるイメージです。いくら内部エネルギーがあっても、ポイントが少しでもずれていると鳴り響かないのです。
 これからは、まず内部エネルギーをしっかりためること。そして、ポイントをしっかり意識していきたいです。

 
 

« エネルギーを! | トップページ | 音の色合い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/49220925

この記事へのトラックバック一覧です: 先端放電:

« エネルギーを! | トップページ | 音の色合い »