« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月22日 (日)

鳴ってくれるだろう!

 先日のお稽古では、気迫が空回りしてかすれた音が多くなってしまいました。また、ウやチのメリ音の音程が決まらなかったのが課題でした。
 気迫を込めて吹くとどうしても、息をおもいっきり出すので、尺八の外に息がもれてかすれた音になってしまいます。気迫はあるけど、出す息をうまくコントロールする練習が必要だと思いました。先生から「無理に鳴らそうとしなくてもよいです。鳴ってくれるだろう、と成り行きにまかせて」と言われました。
 音を鳴らそうという意識より、楽器の構え、曲のイメージ、気迫、息を出す圧力、などに意識を集中することを大切して練習していきたいです。

2011年5月 8日 (日)

イメージトレーニング

 先日のお稽古では、音の響きがよくなってきたと言われました。ただ、気迫を維持して演奏することに気をとられ、音程がぴったりと決まらなかったです。また、乙のロが十分響かないことがあること、ウのメリ音が少し高いことなどを指摘されました。
 当面の課題は、エネルギーに満ちた、気迫に溢れる演奏をすることです。それには、曲のイメージを強く感じて、曲からパワーをもらうことです。それと、エネルギーに溢れる状態の場のエネルギーを強く持ち続けて演奏することです。自分からエネルギーを出すのではなく、曲やまわりからエネルギーをもらうのです。まとめると、このようなイメージトレーニングが課題の克服につながるはずです。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »