« 自主コンサート | トップページ | 音を観察する »

2011年7月10日 (日)

大胆で繊細に

 先日のお稽古で、「自然発火」というお話がありました。気迫を維持するためのイメージです。まわりのものが自然に燃えだすような、高い温度の状態を心の中にイメージするのです。そして、その温度が上がるように強い気持ちを持つのです。
 その一方、音程は細心の注意をして調整するのです。その時、「ラップをかけたりはがしたりする」ようにすると言われました。つまり、音程の調整は、ほんの少し尺八を動かすだけですむということです。
 強い気持ちと細心の注意を、同時進行させなくてはいけないのです。大胆かつ繊細に演奏するということになります。

« 自主コンサート | トップページ | 音を観察する »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/52167523

この記事へのトラックバック一覧です: 大胆で繊細に:

« 自主コンサート | トップページ | 音を観察する »