« 門下生発表会2011 | トップページ | 音を壊さない »

2011年10月10日 (月)

優先順位

 先日のお稽古で、練習課題の優先順位が大切という話がありました。、そのことを、家を建てるたとえで説明してもらいました。
 まず、土台をしっかり作り、次に柱を立て、屋根をつけ、壁をはり、最後に部屋の内装をする。これと同じような手順で、尺八も練習しなくてはいけないというのです。尺八の場合、土台は、一つ一つきちんとした音を出すことです。そのために、ぐっと気合いを入れるのですが、尺八の構えは力まず、きわめて自由に動く状態に保ちます。このことを演奏中、ずっと意識し続けることが最優先課題です。それができた上に、音程やリズム感をはじめとする様々な項目をチェックしながら演奏するのです。
 練習するときに、必ず最優先課題を意識して演奏するっように心がけたいです。

 

« 門下生発表会2011 | トップページ | 音を壊さない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/52959458

この記事へのトラックバック一覧です: 優先順位:

« 門下生発表会2011 | トップページ | 音を壊さない »