« 音の質を向上させる | トップページ | 気迫はどこから »

2011年12月30日 (金)

分身のチェック

 最近、お稽古での説明で「分身」という言葉がよく使われます。分身とは、尺八を演奏する上で、気をつけなくてはいけない要素のことです。たとえば、気迫、音程、音の響き、音の長さ、曲想、姿勢、構え、などです。
 よく言われるのは、これらの分身はそれぞれが独立していて、お互いに干渉することはないということです。そして、演奏中は、これらの分身にまかせて、演奏者は分身を冷静に観察することに専念すればよいというのです。自分が考え、がんばって演奏するのではないのです。この考え方を聞いて、気持ちがとても楽になったように思います。余計な力を入れず、リラックスした状態で精神を集中して、分身の声に耳を傾けながら、不具合を次々と修正していくことが良い演奏につながっていくのです。
 まだまだ不十分ですが、分身のチェックがすっとできるように練習していきたいです。

« 音の質を向上させる | トップページ | 気迫はどこから »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/53591243

この記事へのトラックバック一覧です: 分身のチェック:

« 音の質を向上させる | トップページ | 気迫はどこから »