« 音に心をこめない | トップページ | 音の質を向上させる »

2011年12月28日 (水)

まかせる

 先日のお稽古で、練習の方向性についてお話を聞きました。その中で「自分が」という意識をなくすことが大切だという話がありました。そして、気迫はまわりにあるエネルギーにまかせる、曲想は曲のエネルギーにまかせる、というように「まかせる」というのです。自分は、演奏している自分を冷静に観察しているだけでよいのです。
 自分が頑張って、考えて、必死に演奏すると、自分の色に染まってしまい、曲本来の持ち味が損なわれてしまうのです。また、自分のエネルギーには限りがあり、すぐに疲れてしまうというのです。
 この考え方は、今までの練習とは正反対です。しかし、おそらく正しいと思います。これから、頭を切り換えて練習していきたいです。

« 音に心をこめない | トップページ | 音の質を向上させる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/53588143

この記事へのトラックバック一覧です: まかせる:

« 音に心をこめない | トップページ | 音の質を向上させる »