« 音の長さ | トップページ | 虚空 »

2012年1月15日 (日)

テンションをあげる

 先日のお稽古で話題になったのは、いかにしてテンションをあげるかということです。テンションが高い状態というのは、力を入れて頑張っている状態ではありません。力まず、力を抜いているが張り詰めた精神状態です。気持ちが自然と高揚して、日頃には出せない力が発揮できる精神状態です。この精神状態を作るには、テンションがあがる場面をイメージするのです。火事場のばか力、リングに上がったボクサー、大勢の人の前での講演、などいろんな場面をイメージするのです。
 そして、そのテンションを維持すると同時に、音を出すという単純作業をするのです。テンションと音を出すことは全く別と考えるのです。演奏時は、テンションと音を別々にチェックするとよいと言われました。

« 音の長さ | トップページ | 虚空 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/53745960

この記事へのトラックバック一覧です: テンションをあげる:

« 音の長さ | トップページ | 虚空 »