« チのメリ音が! | トップページ | 立ち振る舞い »

2012年2月25日 (土)

圧力を限界まで

 今日のお稽古で、先生から新しい演奏方法のアイデアを教えていただきました。それが「圧力を限界までかけて音を出す」という吹き方です。
 例えば、乙のロを吹くときは、甲のロを吹くときと同じくらいの圧力をかけるのです。圧力をかけるというのは、息の出口を小さくして息を出にくくします。そうすることによって、息を出す時の圧力が上がるのです。音を大きく出そうと息を多くいれずに、むしろ、音は小さめに、息は少なくするとうまくいくようです。
 この吹き方で演奏すると、息が長く続くし、音程も安定します。どの音でもこの吹き方で吹けるように練習していきたいです。

« チのメリ音が! | トップページ | 立ち振る舞い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/54075620

この記事へのトラックバック一覧です: 圧力を限界まで:

« チのメリ音が! | トップページ | 立ち振る舞い »