« 圧力を限界まで | トップページ | 激流の中に »

2012年2月26日 (日)

立ち振る舞い

 先日のお稽古で、演奏するときの「立ち振る舞い」についてお話がありました。つまり、曲のイメージに沿った楽器の構え、楽器の動きがとても大切なのです。
 練習中の「虚空」という曲では、楽器をふらふらさせずに、ビィシッと構えて演奏することが求められます。そのことによって、曲が持っている本来のイメージがより鮮明に聞く人に伝わるのです。しかし、今のところは演奏するだけで精一杯で、立ち振る舞いに意識がほとんどいっていないのが現実です。
 今後は、立ち振る舞いも、演奏を聞く側にとっては大切な演奏の一部なので、もっと意識したいです。

« 圧力を限界まで | トップページ | 激流の中に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/54075765

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち振る舞い:

« 圧力を限界まで | トップページ | 激流の中に »