« 曲の力を感じる | トップページ | 響きは外からのエネルギーで »

2012年10月13日 (土)

大空を見上げると

 勤務先の近くに約400m四方、一面田んぼが広がっている場所があります。いつもその中の農道を自転車で通っています。
 朝通ると、田んぼのにおいがしてくる。この時期なら、稲刈りを終わった後の藁のにおいです。夕方通ると、広い空に目がいく。東西南北いずれの空もみわたすことができます。そして、大空という大きなキャンパスにいろんな雲が描かれているように見えます。そこに、夕日が彩りをそえています。大空を見上げていると、自分の存在がとても小さく感じられます。その時、心がふっと軽くなり、ほんのわずかな時間だが、さわやかな気持ちになれます。
 何度も同じ道を通っていたが、このように思えるようになったのは最近です。おそらく、自分自身に何か変化があったからだと思われます。

« 曲の力を感じる | トップページ | 響きは外からのエネルギーで »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/55883162

この記事へのトラックバック一覧です: 大空を見上げると:

« 曲の力を感じる | トップページ | 響きは外からのエネルギーで »