« 練習の方向性 | トップページ | 押してだめなら引いてみる »

2012年12月 9日 (日)

楽譜は目安

 先日のお稽古で、楽譜に頼りすぎないという話になりました。楽譜は曲を演奏するときの目安にすぎないというのです。曲のごく一部のデータで、氷山の一角のようのものなのです。ですから、演奏するときに楽譜を読み取ることばかりに気をとられていると、演奏そのものに意識がいかなくなり、良い演奏ができません。
 では、どうすればよいかいうと、演奏している自分をしっかり観察して、心地よさ追求したり、バランス感じるように言われました。また、あれこれ考えず、曲のイメージを常に感じることも大切だと言われました。

« 練習の方向性 | トップページ | 押してだめなら引いてみる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/56284186

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜は目安:

« 練習の方向性 | トップページ | 押してだめなら引いてみる »