« 車の運転のように | トップページ | 火事場の馬鹿力 »

2012年12月12日 (水)

ファジーを大切に

 先日のお稽古で、尺八の演奏を機械ですることができるのか、という話がありました。結論はできないということですが、その理由は、機械にはファジーというプログラムがないからということです。機械には、いいかげん、適当に、心地よく、自然に、という操作ができないのです。尺八の演奏にはこれらのことが重要だというのです。
 尺八の楽譜には、音程や長さが表記されていますが、それらは単に演奏するためのメモであって、曲の全てを書き尽くしているわけではありません。楽譜に曲のすべてを書くことは不可能です。したがって、演奏者がいかに曲の持つファジーな要素を感じて演奏できるかが大切なのです。そして、これが尺八の魅力なのだと思います。

 

« 車の運転のように | トップページ | 火事場の馬鹿力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/56285272

この記事へのトラックバック一覧です: ファジーを大切に:

« 車の運転のように | トップページ | 火事場の馬鹿力 »