« すざましい気迫 | トップページ | 反作用で吹く »

2013年1月29日 (火)

大きな音を出すには

 先日のお稽古で、大きな音を出す時に、息の量は関係ないという話がありました。今まで、大きな音を出すには、息をたくさん入れたらよいと思っていました。しかし、大きな音を出すためにまず必要なのは、強さを感じる、強い気合いを入れることなのです。それさえあれば、自然とそれに必要な息が入るのです。精神的な強さがまずあって、その結果物理的な強さが自然と出てくるのです。
 大声を出す時、息をたくさん入れるという意識は全くありません。これと同じことが大きな音を出す時もいえるのです。ですから、大きな音を出す時に、息を入れるという意識は必要ではなく、強い気持ちを意識することが大切だ、ということがわかりました。

« すざましい気迫 | トップページ | 反作用で吹く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/56637087

この記事へのトラックバック一覧です: 大きな音を出すには:

« すざましい気迫 | トップページ | 反作用で吹く »