« 心地よさの感覚を磨く | トップページ | こころを磨く »

2013年1月15日 (火)

無重力状態

 先日のお稽古で、音程を調節するとき、楽器の動きがすっとできていないと言われました。どうすればよいかというと、下唇と楽器の歌口は、軽く触れあっている状態を保ち、もっと自由に動くようにするのです。そして、音程を調節するときに、すっと正しい音程が取れる場所に移動させるのです。その様子は、あたかも無重力状態で楽器がふわふわ漂っていて、音を出すときに瞬間移動するようなイメージです。
 さらに、瞬間移動するときは、正しい音程に引力があって、そこに自然と引きつけられるように動くのです。そうすることにより、なめらかで自然な音楽の流れができるというのです。ただ、正しい音程の音を出せばよいというのではないのです。

« 心地よさの感覚を磨く | トップページ | こころを磨く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/56538617

この記事へのトラックバック一覧です: 無重力状態:

« 心地よさの感覚を磨く | トップページ | こころを磨く »