« 反作用の成果 | トップページ | 自然な音楽 »

2013年2月12日 (火)

音は遠くで聞こえる

 先日のお稽古で、音は楽器の近くではなく、遠くで鳴っているようにイメージすることが大切だという話がありました。そして、演奏者は遠くで鳴っている音を、まるで夜空にあがった花火を眺めているように、聞くだけというのです。音は単なる現象であって、出てくる音に関係なく演奏中は自分の内面に意識を集中することが大切なのです。
 もちろん、音を聞くことも大切なことですが、それ以上に音を聞いている自分の内面に意識を集中するのです。そして、音を出そうと頑張るのではなく、音が出るいろいろな条件をチェックすることに意識を集中するのです。その結果、条件がきちんと整っておれば、その結果としてすごい音が出てくるのです。
 そして、このように演奏できれば、自分自身のテンションを上げなくても、自然と曲そのものが本来持っているパワーで、テンションの高い演奏が可能となるのです。

« 反作用の成果 | トップページ | 自然な音楽 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/56742645

この記事へのトラックバック一覧です: 音は遠くで聞こえる:

« 反作用の成果 | トップページ | 自然な音楽 »