« 音源とパワーアップは別々に | トップページ | 浮子のように »

2013年5月 5日 (日)

湯飲みで練習

 先日のお稽古で、湯飲みを使った練習を教えていただきました。湯飲みのにあごを入れて、湯飲みの口をつける所に息を入れます。その時、指を湯飲みと唇の間にあてます。湯飲みと唇の距離と息の角度を調整すると、音が出るのです。湯飲みと唇とのすきまを調節することにより、音程も変えることができます。
 湯飲みで音を出すと、唇の両側が閉じて、息を唇の中央部分から集中して出せるような感じがしました。そして、少しの練習にもかかわらず、音の響きがぐっとよくなりました。練習すればさらに効果が期待できそうです。

« 音源とパワーアップは別々に | トップページ | 浮子のように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/57317659

この記事へのトラックバック一覧です: 湯飲みで練習:

« 音源とパワーアップは別々に | トップページ | 浮子のように »