« 何としても正しい音程に | トップページ | テンションのかけ方 »

2013年7月11日 (木)

無意識に反応

 先日のお稽古で、尺八の歌口と唇のポジションについて、もっと柔軟に自由な動きが必要だという話がありました。そして、その動きは自分がコントロールするのではなく、無意識に反応しなくてはいけないというのです。
 日常生活の中で、無意識に動かしていても、微妙な調整が自然とできることがあるはずですよと言われました。例えば、歩くという動作は、多くの筋肉の力加減を微妙に調節しないとうまく歩けません。このように歩きたいと思えば、からだの筋肉がそのように動いてくれるのです。これと同じように、このような音をだしたいと思えば、からだの筋肉が無意識に反応するようになればいいのです。記憶にありませんが、歩く練習を何度も繰り返し練習してきたはずです。これと同じように繰り返し練習すれば必ずできると思います。

« 何としても正しい音程に | トップページ | テンションのかけ方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/57743257

この記事へのトラックバック一覧です: 無意識に反応:

« 何としても正しい音程に | トップページ | テンションのかけ方 »