« 無意識に反応 | トップページ | もっと自由に! »

2013年7月12日 (金)

テンションのかけ方

 お稽古の時に、たびたび言われ続けていることの1つが、テンションが低いということです。先生は、舞台に立つと自然にスイッチが入ると言っておられます。私の場合は、テンションを上げることは、余計な力を加えてエネルギーを消耗する、ことになっているように思います。今まで、先生から数多くのアドバイスをいただきましたが、どうもうまくいきません。
 テンションをかけるのに必要な条件をあげてみたいと思います。まず第一は、外から大きなエネルギーをもらうイメージを持つことです。よく言われることは、ビッグバンのエネルギー、宇宙のエネルギー、などです。第二は、姿勢、構え、動作を決めることです。つまり、型を強く意識することにより、テンションを上げるのです。第三は、精神の集中力です。例えば、武士が本物の刀で斬り合いをしているときの集中力や気迫です。
 これらの条件を意識しながらひたすら練習するしか、解決の方法はないと思います。

« 無意識に反応 | トップページ | もっと自由に! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/57743638

この記事へのトラックバック一覧です: テンションのかけ方:

« 無意識に反応 | トップページ | もっと自由に! »