« テンションのかけ方 | トップページ | 1つ1つの音を意識して »

2013年7月22日 (月)

もっと自由に!

 先日のお稽古では、最初は気合いの入った演奏ができたのですが、徐々に下降線をだどってしまいました。先生にいくつかのアドバイスを受けた中の1つが、もっと自由に音をしっかり聞いて演奏するということです。
 1つの音を出す時に、音程をコントロールという意識をなくし、自然に反応すると、音楽の流れがよくなるというのです。そのためには、唇と歌口の関係が固定されず、常にふわふわした状態を保つことが大切だと言われました。音を無理に鳴らそうとしないで、鳴らない時は、響くポイントを瞬時に探して移動するのです。この意識を一つ一つの音に対して持ち続けることにより、自由な自然な流れの音楽になるのです。
 自由な心地よい音楽を演奏するためには、とても大切なことだと思いました。

« テンションのかけ方 | トップページ | 1つ1つの音を意識して »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/57837305

この記事へのトラックバック一覧です: もっと自由に!:

« テンションのかけ方 | トップページ | 1つ1つの音を意識して »