« ふわふわした状態で | トップページ | あきらめずに探す »

2013年9月10日 (火)

良質の音を

 先日のお稽古で、どうしたらエネルギーに満ちた響く音が出るのかという話になりました。物理的に存在しているエネルギーが充満している場所に、良質の息をそっと共振点に置いてやると、その音がエネルギーと反応してすごい音になると言われました。
 息を多くいれると大きな音が出るのではなく、少しの息でも、正しく共振点入れてやれば、そこでエネルギーをもらって響きわたる音になるというのです。いくつかの音は、共振点にうまく息が入れば、息の量に関係なく響く音が出るということは、最近わかってきました。ただ、全ての音に対して、すっと共振点に息が入るというのはまだまだできません。先生からは、乙のロの音が出しにくいので、集中して練習するように言われました。

« ふわふわした状態で | トップページ | あきらめずに探す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/58155189

この記事へのトラックバック一覧です: 良質の音を:

« ふわふわした状態で | トップページ | あきらめずに探す »