« 気合いを入れるには? | トップページ | 大きく動かさない »

2013年12月16日 (月)

正しい音程で!

 先日のお稽古で、音程は必ずぴったし正しくなくては演奏にならない、という話がありました。今まで、何度も言われていることなのですが、先生がリコーダーとのジョイントコンサートで痛感したと言われました。そして、音程の調整の仕方について、いくつかアドバイスをもらいました。
 まず、尺八の歌口をしっかりふさぎます。そして、唇と楽器のすきまをフワフワさせながら、微妙にコントロールするのです。そのときのイメージは、ラップがひらひらするような感じでするとよいようです。唇と楽器がつかず、はなれずの距離感を保つのです。そして、唇は歌口にかぶさるような感じで、軽くくっつけるのです。決して、メリ、カリはしないのです。楽譜は、メリ、カリとなっていますが、そのような動作は正しい音程をもたらさないのです。正しい動作は、くっつける、はなす、なのです。

« 気合いを入れるには? | トップページ | 大きく動かさない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/58763150

この記事へのトラックバック一覧です: 正しい音程で!:

« 気合いを入れるには? | トップページ | 大きく動かさない »