« しゃぶしゃぶ状態 | トップページ | もっともっと聞く »

2014年5月17日 (土)

大きなコップと小さなコップ

 先日のお稽古で、音を出す時のイメージをコップにたとえて教えていただきました。高い音は小さなコップが、低い音は大きなコップが吹き込んだ息によって響いているようにイメージします。小さなコップには、息を入れ過ぎて漏れないように入れます。大きなコップにはたっぷりとしっかり息を入れます。このようなイメージを持つことによって、音の響きがよくなったように思えます。
 また、小さな音を出すときは小さなコップ、大きな音を出すときは大きなコップをイメージします。小さなコップには小さく渦を巻くように息をゆっくりそっと入れます。大きなコップには大きな渦を巻くように息をはやくしっかり入れます。そして、小さな音から大きな音の間は、コップの大きさが無段階に変化するようにイメージします。このようにして、音の大小を吹きわけるのです。

« しゃぶしゃぶ状態 | トップページ | もっともっと聞く »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/59660235

この記事へのトラックバック一覧です: 大きなコップと小さなコップ:

« しゃぶしゃぶ状態 | トップページ | もっともっと聞く »