« 触る程度のバランスで | トップページ | 大きなコップと小さなコップ »

2014年5月11日 (日)

しゃぶしゃぶ状態

 先日のお稽古は、響く音が多くなり、気持ちよく演奏することができました。先生から言われたことは「しっかり音を聞いて下さい」です。そして、歌口と唇の関係は「しゃぶしゃぶ状態にしておくように」とアドバイスを受けました。しゃぶしゃぶ状態というのは、音を出すときに、すっと尺八を動かせるように、ふわっと構えておくという意味です。そして、音を出す瞬間に、正しい音程でよく響く条件のポイントに尺八をすっと動かすのです。
 このしゃぶしゃぶ状態ができていないと、メロディーの自由な雰囲気が出てこない、と言われました。何となくぎくしゃくした、コントロールされて窮屈な感じの音になるというのです。泡がポコポコ発生するように、音を自然な感じで出すためには、しゃぶしゃぶ状態を常に保つことが必要なので、できるようになりたいです。

« 触る程度のバランスで | トップページ | 大きなコップと小さなコップ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/59625976

この記事へのトラックバック一覧です: しゃぶしゃぶ状態:

« 触る程度のバランスで | トップページ | 大きなコップと小さなコップ »