« 構えは重要 | トップページ | 粉雪が舞い散るように »

2014年6月20日 (金)

常に完璧な音を

 先日のお稽古で言われたことは、一つ一つの音を完璧に響かすことを意識して、演奏することです。音が響くポイントにピタッとはまる感覚を、常に追求して演奏するのです。そして、エネルギーにあふれる音を出すのです。このことを実現するためには、堂々とした構え、口先を突き出す、唇と歌口を軽く触れる、など多くのことに注意することがあります。しかも、多くの注意点をで、きるだけ意識しないできるようにする必要があります。
 曲を演奏していると、曲の流れや音程などに気をとられ、どうしても音の響きに対する意識が弱くなってしまいます。常に完璧な音を出すんだ、という気持ちを忘れずに演奏できるようになりたいです。

« 構えは重要 | トップページ | 粉雪が舞い散るように »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/59848684

この記事へのトラックバック一覧です: 常に完璧な音を:

« 構えは重要 | トップページ | 粉雪が舞い散るように »