« ヒラヒラ触った感じ | トップページ | 音の色を大切に »

2014年8月30日 (土)

自分で音程をとらない

 先日のお稽古で、音程の取り方についてアドバイスをいただきました。以前、自分で音楽を作らないという話を聞きましたが、音程も自分でとってはいけないというのです。どういうことかというと、ある音程の音をしっかり意識すると、その意識によって自然に正しい音程の音がでるように、演奏者をすっと楽器の状態をコントロールするのです。演奏者がコントロールするのではなく、演奏者をコントロールするのです。ここが重要なポイントです。演奏者が、ではなく演奏者を、なのです。
 つまり、正しい音程の音をしっかり意識することが大切なのです。この意識がなければ、いくら練習をしてもだめだということです。逆に、この意識があれば少しの練習で、楽に正しい音程の音を出すことができるのです。

« ヒラヒラ触った感じ | トップページ | 音の色を大切に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/60228631

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で音程をとらない:

« ヒラヒラ触った感じ | トップページ | 音の色を大切に »