« 曲の波に身をまかせる | トップページ | 自然との一体感 »

2015年2月 8日 (日)

余韻を感じて

 先日のお稽古で、ブレスのタイミングについての話がありました。タイミングは、曲の流れにまかせるように言われました。そして、余韻をしっかり感じてタイミングをとるのです。決して、自分でタイミングを取ったり、何拍と数えてコントロールしてはいけないのです。
 曲の流れは、ひたすら聞くことによって、音楽的な才能に関係なく感じることができるという話もありました。そして、曲の言うがまま、曲の要求に忠実な演奏することが大切なのです。たとえ話で、曲がワンマンの社長、演奏者は社長に忠実な社員だ、と言われました。社員は20人ほどいて、社長の一声であらゆる要求に即座に対応するのです。そのために社員は、常に社長の様子をじっと観察しなくてはいけないのです。そうすることによって、いい演奏ができるのです。

« 曲の波に身をまかせる | トップページ | 自然との一体感 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/61105446

この記事へのトラックバック一覧です: 余韻を感じて:

« 曲の波に身をまかせる | トップページ | 自然との一体感 »