« 解放された自由な音 | トップページ | 居心地の良さを »

2015年7月 8日 (水)

がんばらない 

 先日のお稽古で教えていただいたことは、がんばらないということです。がんばらなくても、気合いを入れなくても、音が出る条件さえ設定できれば、自然に音が出るというのです。出来る限りからだの力を抜いて、唇の歌口の接点を固定しないで、自由にふわふわと動かすのです。そして、音のイメージを先行させるだけです。
 今までは、気合いを入れ、音を出してやろうという意識で演奏することが多かったです。そんな場合、出てくる音は、変に力の入った、ぎこちない音になってしまいます。演奏者が音をコントロールするのではなく、音が演奏者から解放されて、自由で自然な音を出すには、演奏者が、がんばらないことです。
 音は、演奏者が出すのではなく、条件さえ整えば、自然に出てくるのです。このことを意識して練習していきたいです。

« 解放された自由な音 | トップページ | 居心地の良さを »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/61852262

この記事へのトラックバック一覧です: がんばらない :

« 解放された自由な音 | トップページ | 居心地の良さを »