« 日本の伝統文化を | トップページ | 居心地の良さ »

2015年11月20日 (金)

すべての音に自由を

 先日のお稽古で、すべての音は自由が感じられなくてはいけない、というお話がありました。もっと開放された音、もっと脱力された音をめざすように言われました。余計な力が入ってしまうと、音の自由が奪われ、不自由な音になってしまうというのです。テンションを上げることは必要ですが、どうしても力が入ってしまうので、気をつけたいです。
 また、些細なことをおろそかにしてはいけない、ということを教えてもらいました。たとえば、音程は決して妥協してはいけない、音の余韻は最後まで緊張感を継続するなどです。ちょっとしたことですが、そのことに徹底してこだわり、追求することが、感動をもたらす音楽になるのです。日頃、見落として、気にかけずにやりすごしてしまいがちなことに、もっとこだわっていきたいです。

« 日本の伝統文化を | トップページ | 居心地の良さ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/62718784

この記事へのトラックバック一覧です: すべての音に自由を:

« 日本の伝統文化を | トップページ | 居心地の良さ »