« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月16日 (水)

曲の流れを感じて

 先日のお稽古では、音程や音の鳴りはよかったのですが、曲の流れがよくないと言われました。音が長くて間延びしていたり、逆に短く忙しく感じられたり、音の長さバランスがとれていないのです。まず、曲本来の流れを感じて、その流れにふさわしい音の長さを感じることから始めるように言われました。そして、決して自分であれこれ考えて演奏してはだめだ、とも言われました。
 流れのよくないフレーズを、しっかり聞き、繰り返し練習して、もっとも自然な流れで演奏できるように、意識していきたいです。

2016年3月 1日 (火)

客観的に聞く

 先日のお稽古で、演奏を客観的に聞くように言われました。別の言い方では、お客さん目線を意識するということです。
 もうひとつ言われたことは、音を出すほんのちょっと前に、出す音のバランスをとり、そこに息を入れると、最初から鳴り響く音が出るということです。これをするには、口と歌口の位置関係が、常にゆらいでいて、そこからスッとベストポジションに移動させる必要があります。この移動は、自分でコントロールするのではなく、自然なスッとした動きが理想だと言われました。今後の練習で、意識していきたいです。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »