« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月18日 (月)

頑張りが邪魔を

 先日のお稽古で、メリ音をもっと力を抜いて、響くポイントを探すように言われました。自分なりに力を抜いていたつもりでしたが、まだまだ抜けていないことに気がつきました。特に、ウのメリ音が不十分でした。そして、頑張って演奏しようという気持ちが、力を抜けない原因だと言われました。 
 力が抜けているかどうかは、しっかり音を聞いて判断しなくてはいけないと、言われました。まだまだ、音を十分聞けていないということです。音をしっかり聞いて、余計なことをしないで、シンプルに音を出すことを心がけたいです。

2016年4月10日 (日)

音のイメージ

 先日のお稽古で、音のイメージについていくつか話がありました。一つめは「出た瞬間から響く音」です。そのためには、音を出す直前に準備をしておく必要があるということです。常に、次の音をスッとだすことを意識して演奏しないと、出た瞬間から響く音は出せません。
 二つめは「解放された自由な印象の音」です。解放されているというのは、頑張ってある正しい音程に操作している、無理矢理鳴らそうとしている、という印象を与えてはダメなのです。ごく自然にスッとある音程に落ち着くように、聞いている人が感じる音がいいのです。
 三つめは、「エネルギーを感じる音」です。この音を出すには、精神的な気迫が不可欠です。以前、宇宙からパワーをもらう、という話をよく聞きました。自分自身のエネルギーではなく、何かエネルギーを持っているものからもらう、という発想で演奏するといいみたいです。

 

2016年4月 6日 (水)

しっかり力をぬく

 先日のお稽古で、メリ音を吹くときにもっと力をぬくように言われました。そして、しっかり音を聞いていないのが原因だというのです。
 次に、全音はもっと響かすように指摘されました。それには、水が湧き出すポイントを探すように、響くポイントを探すのです。決して力を入れすぎないように言われました。
 さらに、メリカリの切り替えを、もっとスムーズにして、音の最初からすっと響く音を出すことを、もっと意識するよに言われました。
 最後に話題になったのは、基礎練習を支える基礎練習、つまり基礎の基礎をもっと丁寧に練習する必要があるということです。この練習をいかにこだわってやるかが、基礎力アップに大きく影響するのです。練習する時に、このことを常に意識していきたいです。

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »