« 一つの音が音楽のすべて | トップページ | 条件設定を! »

2016年9月 2日 (金)

曲のイメージにコントロールされる

 先日のお稽古で、曲のイメージを自分がコントロールするのではなく、曲のイメージが自分をコントロールする、という話を聞きました。たとえば、エネルギッシュな曲を演奏するとき、自分のエネルギーを使ってはいけないのです。曲の持っているエネルギーに、自分がコントロールされて演奏しなくてはいけないのです。ということは、自分にエネルギーがなくてもエネルギーにあふれる曲は演奏できるのです。

 この考えが真実であるならば、曲が命令することに忠実に対応できる演奏技術があれば、どんな曲も即座に演奏できる、ということになります。元気がなくても、元気な曲が演奏できるのです。悲しくなくても、悲しい演奏ができるのです。なぜなら、曲に元気、悲しみが備わっているので、演奏者はただ、その命令にさえ従えばいいのです。
 この考えを例えると、曲は王様、演奏者は忠実な奴隷、となると以前先生から聞きました。なるほど、おもしろい例えだなと思いました。

« 一つの音が音楽のすべて | トップページ | 条件設定を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/64142195

この記事へのトラックバック一覧です: 曲のイメージにコントロールされる:

« 一つの音が音楽のすべて | トップページ | 条件設定を! »