« 条件設定に徹する | トップページ | テンションを上げたまま脱力 »

2016年11月 6日 (日)

脱力

 先日のお稽古で、「山越」を久しぶりにやりました。この曲には、苦しい思い出があります。しかし、今回はあの苦しさは何だったのかと思えるくらい、順調に演奏できました。苦しまないで演奏できたのは、力まかせに演奏しなくても音を出せるようになったからです。
 先生からは、もっと脱力するように言われました。特に、メリ音は脱力すれば、音程はさほど意識しなくても、コントロールできるいう話がありました。
 最近購入した二尺一寸管は、鳴りがよく、音を出しているだけで楽しいです。この新しい尺八で、山越を得意のレパートリーにしたいです。

« 条件設定に徹する | トップページ | テンションを上げたまま脱力 »

コメント

いつもブログ拝見しています。自分は篠笛吹きなのですが、ニュアンスや心の持ちよう等共通することがたくさんあって、とても勉強になるし、このブログによって気づかされることもたくさんありました。
これからも頑張ってください。応援しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184721/64454278

この記事へのトラックバック一覧です: 脱力:

« 条件設定に徹する | トップページ | テンションを上げたまま脱力 »